新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党の松本純議員と大塚高司議員、田野瀬太道議員の3人が離党へ 緊急事態中に銀座のクラブ訪問 公明党の辞任とは差


*自民党
自民党の松本純議員と大塚高司議員、田野瀬太道議員の3人が党を離党すると表明しました。

この3人は緊急事態宣言が発令されている最中に東京・銀座のクラブを訪問しており、その様子が週刊誌に掲載され、野党やメディアからの追及が強まっていました。

NHKの記事によると、菅義偉首相は3人を党役職から更迭し、後任に自民党の丹羽秀樹元文部科学副大臣を充てる人事を決定。
同じく銀座のクラブを訪問した公明党の遠山清彦衆議院議員は議員辞職を表明しましたが、あくまでも役職の取り消しと離党だけで対応するとしています。

前々から自民党のコロナ対応や危機感の低さは指摘されていましたが、国会議員においてもその傾向が変わってないことが示されたと言え、野党を超えて国民全体から批判の声が相次いでいました。

 

自民 松本元国家公安委員長ら3人 離党 深夜まで飲食店に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210201/k10012843491000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が続く中、深夜まで飲食店に出入りしていた責任をとりたいとして、自民党の松本 元国家公安委員長、田野瀬 文部科学副大臣、大塚 国会対策副委員長の3人が離党しました。田野瀬氏は、菅総理大臣から副大臣を更迭されたことを明らかにし、政府は、後任に自民党の丹羽秀樹元文部科学副大臣を充てる人事を決めました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!