新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

閣僚「3度目の宣言で五輪中止を進言したが、菅首相に伝わらなかった」「もうついていけない」


*官邸
3度目の緊急事態宣言が発令されたタイミングで、菅義偉首相に対して閣僚が東京オリンピック・パラリンピックの中止を進言していたことが分かりました。

朝日新聞の記事によると、五輪の中止は複数の閣僚から話があり、緊急事態宣言の再発令に合わせて中止や見直しの提言が行われたとのことです。
しかしながら、菅首相は五輪中止の提言を無視し、閣僚らの懸念を押し切る形で強引に五輪開催を決めたと報じられています。

この様子に閣僚の1人からは「もうついていけない」というような声があるとして、菅首相から距離を置く閣僚メンバーも出てきていると書いてありました。
ここまで明確に菅首相が独断専行しているとの報告は初めてで、事実上の菅独裁になっていると言えるでしょう。

 

孤立する首相 「五輪中止」再三の進言、取り合わず
https://www.asahi.com/articles/ASP7M4SHXP7HUTFK01Z.html

昨年9月16日の就任会見を菅義偉首相は新型コロナ対応で切り出し、こんな誓いを立てた。「国民の命と健康を守り抜きます。そのうえで社会経済活動との両立をめざします」
感染防止対策とコロナ禍で傷んだ経済の再生と、相反するような二つの目標を並行して走らせることにした菅政権。就任以来の軌跡を追うと、そこに潜む構造的な問題があぶり出されていく。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!