新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

組織委員会の理事約20人、五輪開会式中止&簡素化を提言するも潰される!小林賢太郎氏の解任で危機感 武藤敏郎事務総長


*五輪
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の理事らが開会式の中止や簡素化を提言するも、その要望を武藤敏郎事務総長が拒否していたことが分かりました。

スポーツ報知の記事によると、武藤事務総長に申し入れを行ったのは組織委員会の理事ら約20人で、演出チームの統括役を務めていたた小林賢太郎氏の解任騒動から危機感が強まり、開会式の変更案が浮上したとのことです。
しかしながら、武藤事務総長はこれらの提案を受け入れず、その後の記者会見で組織委員会として、「予定通りに行う」と発表。

小林氏や小山田氏の不祥事でも臨時理事会などが開かれなかったこともあり、理事会メンバーからは武藤事務総長の対応に批判が強まっていると報じられていました。

前に問題発言で森喜朗元会長から橋本聖子氏にトップが変更となりましたが、依然として組織委員会の体質は全く変わっておらず、武藤事務総長をトップに数人だけで決定する体質は変わっていないことを示していると言えるでしょう。

 

組織委理事約20人 開会式の中止か簡素化を要望していた…武藤事務総長に記者会見で説明要望も開かれず
https://news.yahoo.co.jp/articles/32c15506044f8e7cd019bb6bb779a3bf00da42bb

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事約20人が、23日に行われる東京五輪開会式の中止か、簡素化への変更を同組織委・武藤敏郎事務総長に申し入れていたことが22日、分かった。同理事らは21日に五輪・パラリンピックの開閉会式の楽曲を担当する小山田圭吾氏のいじめ問題について、22日には開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」として統括役を務めていたた小林賢太郎氏のホロコーストを揶揄(やゆ)する発言について、臨時にオンラインでの会議を行った。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!