新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】首都圏に再び雪予報!東京23区を含めて積雪の見通し 14日に気温が急低下


気象庁の最新予報で2月14日も関東地方の平野部で雪となる可能性が高まっています。

2月13日頃から南側の低気圧が再び強まり、関東甲信越地方の山沿いでは13日夕方から雪が降り始め、そのまま14日には関東地方の平野部でも雪が強まる見通しです。
2月14日の最高気温は東京都でも4℃前後と低く、場所によっては氷点下まで冷え込むことになるでしょう。

積雪量は甲信越地方で20センチから40センチ、関東北部と東京の一部などでは10センチから20センチ、東京23区を含む関東地方の平野部で5センチ前後となっています。
気温が下がると更に積雪量が増える恐れもあるとして、気象庁は13日夜からの雪に警戒を促していました。

 

気象庁 天気予報
https://www.jma.go.jp/bosai/map.html#5/34.579/134.517/&contents=forecast

関東甲信 あす以降山沿い中心に大雪のおそれ 東京23区も積雪か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220212/k10013480451000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

関東甲信では13日の夕方以降、再び山沿いを中心に大雪となり、東京23区でも積もるところがある見込みです。
連休明け、月曜日の朝に影響が出るおそれがあるため、最新の情報に注意し、13日の昼までに備えを進めるようにしてください。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!