新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

西日本各地が過去最速で梅雨明け!東北地方以外は異例の6月、気象庁が熱中症に注意呼びかけ


西日本各地が過去最速で梅雨明けとなりました。

気象庁は6月28日に九州北部と四国、中国地方、近畿、それに北陸で梅雨明けになったと発表。これで東北地方以外は6月中の梅雨明けが確定し、統計を取り始めた昭和26年以降で最も早い梅雨明けとなりました。

梅雨明けと合わせて全国的な猛暑が予想されており、気象庁は公式ホームページを通して、「梅雨明け直後は多くの人が十分に暑さに慣れていないため熱中症発生リスクが高くなります。特に今年は例年よりも早く梅雨明けしましたので、暑さ指数(WBGT)や熱中症警戒アラートを行動の目安として適切な熱中症予防行動を早め早めに取っていただくようお願いします」と呼び掛けています。

 

気象庁 梅雨明けについて
https://www.jma.go.jp/jma/press/2206/27a/besshi.pdf

九州北部 四国 中国地方 近畿 北陸で梅雨明け 過去最も早い
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220628/k10013691761000.html

28日は西日本と東日本を中心に高気圧に覆われて晴れているところが多く、気象庁は28日午前11時、「九州北部と四国、中国地方、近畿、それに北陸が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。
気象庁によりますと、いずれもこのまま確定すれば統計を取り始めた昭和26年以降、過去最も早い梅雨明けとなります。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!