新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本企業も出資した「サハリン2」、ロシアが接収命令!無償譲渡を命じる大統領令に署名 対ロ制裁への報復


*サハリン2
6月30日にロシアのプーチン大統領が石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の接収を命令する大統領令に署名しました。

この大統領令では日本の商社も出資する「サハリン2」の権利を全てロシア企業に譲渡するとしており、今後はロシア側が設立する有限法人に運営を移管するとしています。
サハリン2の事業会社サハリンエナジーに三井物産が12.5%、三菱商事が10%ほど出資していましたが、すべての資産や関連する権利がロシアによって強制接収される見通しです。

ウクライナ戦争が始まってから行われた対ロシアの経済制裁に報復する形で行われたサハリン2の強制接収であり、日本政府はロシアに強く抗議しています。
サハリン2はサハリン州北東部沿岸における天然ガスや石油採掘の一大プロジェクトとして行われたもので、ロシアが建設した初の天然ガス液化プラントでもありました。

2009年には麻生太郎元首相が出席して、「ロシアがアジア太平洋における建設的なパートナーとなる歴史が始まる」などと演説していただけに、サハリン2の強制接収は非常にインパクトがあると言えるでしょう。

 

サハリン2、ロシア側に無償譲渡 プーチン氏が大統領令 出資の三井物産と三菱商事、新枠組みで排除も
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB010N70R00C22A7000000/

ロシアのプーチン大統領は6月30日、同国極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の運営をロシア側が新たに設立する法人に移管し、現在の運営会社の資産を無償譲渡するよう命じる大統領令に署名した。同事業に日本から参加する三井物産や三菱商事は今後、運営の枠組みから排除される可能性が出てきた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!