新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

山際大志郎担当相「野党の人から来る話はわれわれ政府は何一つ聞かない」⇒批判殺到で「誤解を招くようなもの」と釈明


*山際 大志郎@yamagiwa001
今月3日に参議院選挙の街頭演説で山際大志郎経済再生担当相が「野党の人から来る話はわれわれ政府は何一つ聞かない。本当に生活を良くしたいと思うなら、自民党、与党の政治家を議員にしなくてはいけない」などと発言したところ、与野党から批判を受けて発言を釈明する事態になりました。

問題となった発言は青森県八戸市の街頭演説で確認されたもので、野党側の話を政府与党は全く政策に反映していないとして、野党に票を投じる意味は無いと強調。
自民党に票を入れるように促す内容だと言え、この発言が報道されると野党やその関係者から批判の声が相次ぎました。

NHKの記事によると、後に松野官房長官から「国民の誤解を招くことがないよう、丁寧に慎重を期して発言するように」などと指示があり、それを受けて山際担当相が「誤解を招くようなものになった」と釈明したとのことです。

ただ、この誤解を招いたとする釈明も火に油を注ぎ、共産党の山添拓氏は「誰も誤解していない」「繰り返し問われても撤回しなかったというが、何一つ聞かないとの姿勢を否定もせず改めもしないつもりか」と強く非難していました。
与党との対話路線を掲げていた国民民主党の玉木雄一郎代表からも苦言を呈されているほどで、それほどまでに山際担当相の発言は日本政治の根底を揺るがすような問題発言であると見られています。

 

山際経済再生相 街頭演説での発言を“誤解招くものに” と釈明
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220705/k10013702761000.html

山際経済再生担当大臣は、街頭演説で「われわれ政府は野党からくる話は聞かない」などと述べたみずからの発言について、地域の意見を国政に反映させてほしいと強調する中で誤解を招くようなものになったと釈明しました。
山際経済再生担当大臣は3日、青森県八戸市で行った街頭演説で「野党の人からくる話はわれわれ政府は何一つ聞かない。生活をよくしようと思うなら、自民党、与党の政治家を議員にしなくてはいけない」などと述べ、松野官房長官から慎重に発言するよう注意を受けました。

山際担当相、「野党の話は聞かず」 発言に反発相次ぐ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022070300222&g=pol

 山際大志郎経済再生担当相は3日、青森県八戸市で街頭演説した際、「野党の人から来る話はわれわれ政府は何一つ聞かない。本当に生活を良くしたいと思うなら、自民党、与党の政治家を議員にしなくてはいけない」と述べた。野党議員の意見なら無視するかのような閣僚の発言として、野党は反発した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!