新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【軍事】F2戦闘機の後継、F22とF35両機ベースの開発案が浮上!米国が日本に提案 

*F22
2030年頃から退役が始まる航空自衛隊のF2戦闘機について、後継機としてF22戦闘機やF35戦闘機をベースとした開発案が浮上していることが分かりました。
これはアメリカから日本政府に提案された開発案で、輸出が禁止されているF22の機体に、F35の電子機器類やステルス技術を組み合わせた戦闘機となる見通し。

F22戦闘機は世界最強のステルス戦闘機と言われていますが、あまりにも性能が高すぎて、日本が導入を検討した時には輸出を禁止された過去があります。
アメリカの案だとF22の中身は扱いが不透明で、何処まで開示されるのか分かっていません。過去に共同開発で失敗した日本的には悩ましい案だと言えるでしょう。

 

空自のF2後継機、F22とF35両機ベースの開発案 米が打診=関係者
https://jp.reuters.com/article/japan-air-force-f2-idJPKBN1HR0ND

[東京 20日 ロイター] – 航空自衛隊の「F2」戦闘機の後継に、米空軍の「F22」と「F35」両方を土台にした機体を開発する案が浮上していることが分かった。両機を手がける米ロッキード・マーチン(LMT.N)が、日本政府に非公式に打診した。門外不出とされてきたF22の高性能技術を得られることから、日本が米国との共同開発に踏み切る可能性が高まった。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!