新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

超党派の国会議員らがネット投票導入を提言へ!自民・公明や立憲、共産など


超党派の国会議員ら約20人がインターネット投票の導入を提言していることが分かりました。

NHKの記事によると、自民党や公明党、立憲民主党、共産党、日本維新の会などから合わせて20人ほどが参加し、選挙へのインターネット投票の導入や、選挙に立候補できる「被選挙権年齢」の引き下げなどを提言する方向で検討しているとのことです。

ネット投票の導入は諸外国だと行われている国も多く、日本で導入する際はセキュリティーなどの面が問題視されることになると見られています。
この超党派の議員らは近い内に連盟を発足した上で、年内にも具体的な提言案をまとめる予定です。

 

超党派の若手国会議員 ネット投票の導入検討へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180511/k10011434341000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002


若者の声をもっと政治に届けようと、超党派の若手の国会議員が、選挙へのインターネット投票の導入などを検討していくことになりました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!