新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

辺野古基地の埋め立て承認撤回、一般の県職員にも国が圧力か 「県職員まで国が損害賠償を」

*沖縄県庁
辺野古基地の埋め立て問題を巡って、国側が一般の県職員にも圧力をかけていた可能性が浮上しています。

亡くなった翁長前知事の妻・樹子さん(62)が沖縄タイムスのインタビューに応じて、辺野古基地の埋め立て承認撤回を決める前に国側が沖縄県側に強い圧力をかけてきたと言及。

実際のインタビュー中では「撤回が現実味を帯びてきた頃、国から『一般の職員にも損害賠償を求める可能性がある』という情報が伝わってきたんです。脅しのようにも聞こえるでしょ」と発言しており、国の圧力によって沖縄県庁内部でも議論があったと語っています。

これを受けて翁長知事は「自分は政治家だから丸裸にされても、撤回をやる覚悟はある。でも一般職員をそんな矢面に立たせるわけがない」などと怒りのコメントをし、最終的には承認撤回を決意する流れになったみたいです。

このインタビュー記事は波紋を広げ、鳩山由紀夫元首相も「これをパワハラと言わずに何をパワハラと言うのだろうか。この圧力に屈しなかった翁長知事の遺志を国民全体が守ろうではないか」と指摘しています。

 

「翁長雄志は命がけでした」 妻樹子さんが語る壮絶な最期
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00307620-okinawat-oki&p=2

 撤回が現実味を帯びてきた頃、国から「一般の職員にも損害賠償を求める可能性がある」という情報が伝わってきたんです。脅しのようにも聞こえるでしょ。

県庁内は戦々恐々になったようで、翁長は「自分は政治家だから丸裸にされても、撤回をやる覚悟はある。でも一般職員をそんな矢面に立たせるわけがない」って、強く言ったんです。私たち家族もその責任を負う覚悟はありました。でも一般職員にそんなことを言うのはどうなんでしょうか。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!