新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ソフトバンク障害、原因はエリクソンの証明書期限切れが原因 イギリスなどでも同時多発!

*ソフトバンク
12月6日に発生したソフトバンクの大規模な通信障害について、スウェーデン通信機器大手エリクソンが提供している機材の証明書期限切れが原因だったことが分かりました。

ソフトバンクによると、通信機材に使用していたエリクソン製交換機のソフトウェア証明書が期限切れとなり、それによって機材が正常に動かなくなって大規模な通信障害になったとのことです。エリクソンも7日朝にプレスリリースを発表し、証明書の期限切れが原因であると認めました。

12月6日はソフトバンク以外の企業でも通信障害が発生しており、イギリスの方では信号機が止まるなどのトラブルが発生。問題が発生した機材はいずれもエリクソン製の交換器などを使用していたと報じられています。
システム関連の証明書期限切れは意外とあるトラブルの一つで、ある程度の知識がある人達からは「自分もあった・・・」「これから証明書の確認作業で大変になりそう」などと複雑な心境が見え隠れしていました。

 

Update on software issue impacting certain customers
https://www.ericsson.com/jp/ja/press-releases/2018/12/update-on-software-issue-impacting-certain-customers?141111496

12 6, 2018 (GMT+0:00)
#Ericsson

Following network disturbances in a number of Ericsson’s (NASDAQ:ERIC) customer networks, Ericsson has taken immediate action to minimize impact and support the restoration of services.

During December 6, 2018, Ericsson has identified an issue in certain nodes in the core network resulting in network disturbances for a limited number of customers in multiple countries using two specific software versions of the SGSN–MME (Serving GPRS Support Node – Mobility Management Entity).

Börje Ekholm, President and CEO, Ericsson, says: “The faulty software that has caused these issues is being decommissioned and we apologize not only to our customers but also to their customers. We work hard to ensure that our customers can limit the impact and restore their services as soon as possible.”

An initial root cause analysis indicates that the main issue was an expired certificate in the software versions installed with these customers. A complete and comprehensive root cause analysis is still in progress. Our focus is now on solving the immediate issues.

During the course of December 6, most of the affected customers’ network services have been successfully restored. We are working closely with the remaining customers that are still experiencing issues.

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!