新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

「表現の不自由展」で大村知事と河村たかし市長が対立!知事「検閲だ」市長「税でやるのはいかん」


芸術祭「あいちトリエンナーレ」で慰安婦像や燃えている昭和天皇の映像を展示して「表現の不自由展」が中止となった問題で、愛知県知事と名古屋市長の対立が激化しています。

名古屋の河村たかし市長は記者会見で「日本人の心を踏みにじるようなものだ」「市民の血税でこれをやるのはいかん。人に誤解を与える」と述べ、表現の不自由展に税金を使っていることは疑問があると指摘。
これに対して愛知県の大村知事は、「表現の自由を定めた憲法21条に違反した検閲ではないか」「公権力だからこそ、表現の自由を保障すべき」などと反論し、河村たかし市長の姿勢を批判していました。

ネット上では河村たかし市長の意見に賛同の声が相次ぎ、表現の自由とは別に血税を使って、このような内容の展示物を紹介しているのはおかしいとの意見が多数となっています。
あいちトリエンナーレは3年ごとに開催されている国際芸術祭で、今年はジャーナリストの津田大介氏が芸術監督となって全体のデザインをプロディースしていました。

 

河村氏が大村知事に反発 「展示は良いと堂々と言って」
https://www.asahi.com/articles/ASM8541FWM85OIPE00F.html

名古屋市の河村たかし市長も5日の定例会見で、「表現の不自由展・その後」の展示は「日本人の心を踏みにじるようなものだ」と改めて主張し、「市民の血税でこれをやるのはいかん。人に誤解を与える」と述べた。

少女像等の展示中止で波紋…別の韓国人作家2人が展示とりやめ申し出 知事は市長を批判
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-00023699-tokaiv-soci

一方、愛知県の大村知事は、5日の会見で、企画展の中止を求めていた名古屋市の河村市長の姿勢について「表現の自由を定めた憲法21条に違反した検閲ではないか」と批判しました。

大村愛知県知事:
「中止しろと書いてあるわけです、公文書で。公権力を持った方が『この内容はいい、この内容は悪い』というのは、これは憲法21条による検閲ととられても仕方がないんじゃないでしょうか」

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!