ヘッドライン

IAEA年次総会で日本と韓国が激論!原発の汚染水問題で対立!日本「復興に水を差している」韓国「深刻な問題」

*福島原発
IAEA(国際原子力機関)の年次総会で日本と韓国が激論を交わす場面がありました。

NHKによると、日本政府は総会の場で「廃炉・汚染水対策について、事実や科学的根拠に基づかない批判を受けることもあるが、日本が透明性をもって丁寧に公表している情報やIAEAの報告書の内容を踏まえ、公正かつ理性的な議論を行うよう求める」と述べ、韓国政府の対応を批判。

これに対して韓国側も「福島原発の汚染水の処分について依然として明確でなく、恐れや不安が増幅されている。日本政府の高官からは、海洋放出しかないという発言もあった。海に放出されたなら、それは日本国内の問題にとどまらず、世界の海洋環境に関わる深刻な国際問題となる」などと発言し、福島原発事故の汚染水は深刻な問題だと指摘しました。

両者共に一歩も譲らない報酬合戦となり、最後には韓国が「IAEAは汚染水の環境への影響についても調査する必要がある」と要請する場面もあったと報じられています。

福島原発事故の汚染水処理を巡ってはタンクの容量が数年で限界になると見られ、大臣からは海洋放出を検討しているとの発言が飛び出していました。それだけに韓国政府の批判は日本にとって痛い場所を突かれた形で、汚染水処理の具体的な対策案を示さなければ今後も荒れることになりそうです。

 

IAEA年次総会 原発の水処理めぐり日本と韓国が応酬
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190917/k10012085151000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010

IAEA=国際原子力機関の年次総会では、東京電力福島第一原子力発電所にたまり続けている水の処理をめぐり、日本政府が、「理性的な議論を行うよう求める」と述べたのに対し、韓国側が「対応が明確でなく不安が増幅されている」と主張し、IAEAにさらなる対応を求めるなど、日本と韓国との間で応酬する場面がありました。

処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び
https://mainichi.jp/articles/20190913/k00/00m/040/331000c

東京電力福島第1原発の汚染処理水を海洋放出するしかないとした自身の発言に、漁業関係者らから批判が上がっていることについて、原田義昭前環境相は13日、自身のフェイスブックで「誰かが言わなければならない、自分はその捨て石になってもいい」と釈明し改めて海洋放出が必要との考えを示した。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    小泉進次郎環境大臣は就任早々、トリチウム水の放出に関して「事実や科学的根拠に基づかない、復興に水を差す」旨の発言をして、政府方針によるトリチウム水の放出を悪事認定してしまった。
    竹本直一科学技術担当大臣は、韓国側に発したのと同じ厳しい口調・内容で、小泉進次郎の解任を要求すべきだ。

  • 匿名 より:

    これは、普通に考えて、韓国が正しい。
    海外からみれば、不安でしょ。
    燃料もまだ埋まったままなわけだから。

  • 匿名 より:

    日本の反論が弱い。堂々と「韓国は日本の8倍にあたるトリチウム水を海に流してますよね」と言うべきだよ。🤣

  • 匿名 より:

    復興の水差すというは、論点ずらしに過ぎない。
    汚染水の安全性とずれた論点を出している。
    なぜ、このような間抜けな発言を国際的な場でしてしまうのか。
    恥ずかしい・・・

  • 普通の日本人 より:

    公文書の改竄・隠蔽、各経済指標の捏造を平気で行う
    腐敗に塗れた下痢三一味政府と
    韓国政府のどちらの主張が真面かつ正常かといったら韓国政府ですね。
    我が国の無頼な政府が世界各国に迷惑をかけてしまっている事を
    大変申し訳なく思いますし、未だに、この様な悪辣な政府を打倒できない事に
    日本人の一人として慙愧の念に堪えません。

  • 匿名 より:

    恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしい

  • 匿名 より:

    福島のトリチウムの総量は760兆ベクレル。
    どうして他国がじゃんじゃん放出してるかというと「危険性が非常に低いから」なの。例えば

    カナダ ブルースA、B原発・・・ココ1箇所だけで
    液体 892兆ベクレル
    気体 1079兆ベクレル 2015年

    フランスのラ・アーグ再処理施設
    液体 1京3700兆ベクレル
    気体 78兆ベクレル

    カナダ ダーリントン原発
    敵対 241兆ベクレル
    気体 254兆ベクレル

    イギリス セラフィールド再処理施設
    液体 1540兆ベクレル
    気体 84兆ベクレル

    イギリス ヘイシャムB原発
    液体 390兆ベクレル

    韓国 月島原発
    液体 17兆ベクレル
    気体 119兆ベクレル 2016年

    何処の原発所有国はトリチウムを海に堂々と放出してるの。勿論基準値以下でね。日本がダメと言うなら他の国にもダメと声を出せば?

  • 匿名 より:

    大阪が受け入れるって
    分散するしかない

  • 匿名 より:

    韓国「しか」騒いでいない時点でお察し。ただの「報復」。

  • 匿名 より:

    じゃあ、日本が声に出してそういえば?世界がそうしているからとね‼️言ったところで馬鹿を見るのが落ちだろう❗正しいことは一つなんだよ❗馬鹿なこと言って何もならん進まない‼️理由も科学的根拠も示せないからダメなものは駄目だ❗ネトサポーターは馬鹿ばかりだよ。国民の生命も守れないものがしゃしゃり出てくるな🎵

  • 匿名 より:

    ここは韓国擁護のトリチウム水放出阻止派が多いね。

    トリチウムの物理学的半減期は12.32年、水として体内に摂取した場合の生物学的半減期は約10日、有機物の構成元素として体内に取り込まれた場合の生物学的半減期は約40日。

    2011-03-11に発生したトリチウムの放射線量は、発生時から既に38%くらい減衰している。Excelのセルに「=0.5^((発生後の経過年数)/12.32)」で1年毎の推移をグラフで書いてみれば分かる。

    トリチウム水の海洋投棄は国際的にも認められていること、2019年9月17日 1:16 PMにある海外の実績を見ても、トリチウム水の海洋投棄は全く問題ない。

    海洋投棄反対派は、捕鯨反対派やビーガンと同じで、自分たちの綺麗事やエゴを無理やり押し付けているに過ぎない。

    それでも捨てるなと言うなら、これまでさんざん補助金を受け取ってきてメリットを享受してきた地元と海洋投棄反対派が飲んで応援するしかない。

  • ロハスな人 より:

     昨年8月にトリチウム以外の核種は除去したはずの「トリチウム水」からその他の基準値を超える大量の放射性物質が検出(東電の公式資料に掲載済み)されていたことが大きな問題になっています。
     そのことを様々な国も当然知っていますから、まずはその時の『大失策』を政府も東電も謝罪し、「今度こそ適切なトリチウム水」を排出しますと『適切な説明をする』ことが信頼回復の第一歩でしょうね。
    ※さらに適切にトリチウム水を排出するには計画が『ずさん過ぎ』ます。インチキ
    ?をした後、計画がずさんなままでは信頼はさらに低下するでしょう。
    ◎『 東京電力「トリチウム水海洋放出問題」は何がまずいのか? その論点を整理する ハーバービジネスオンライン 牧田寛 より 』
     これまで政府と東電は、一般向けにはALPSなどでトリチウム以外の核種は除去しており、「トリチウム水」には他の核種は検出限界以下、または基準以下しか含まれていないと説明してきました。
     そのためあらゆるPA活動や公聴会が「トリチウム水の海洋放出」への理解を求めるものでした。
     ところが、23日の河北新報での報道では、その「トリチウム水」から、告知濃度限度を超えるヨウ素129が2017年の1年間で60回検出されたこと、さらにルテニウム106、テクネチウム99を加えると2017年だけで65回、告知濃度限度を超えていたことがわかりました。加えてその後、ストロンチウム90の告知濃度限度超過もわかりました。
     さらにヨウ素129とルテニウム106は、昨年から今年にかけての84回の分析のうち45回と過半数で告知濃度限度を超えていたと報じられています。(※前出木野氏の記事による) 
    ○次にALPS処理水とSr処理水のタンク容量の推移の実績と予測を示します。
     これらから、2年後にはALPS処理水は130万トン、トリチウムの全放射能量は1.3PBq(ペタ=千兆)と見積もられます。
     福島第一原子力発電所は、事故前にはトリチウムを年間で2TBq(テラ=1兆)放出していましたので、通常運転時の500年分のトリチウムがタンクの中に存在することになります。現在も事実上の目安とされている福島第一の事故前のトリチウム放出管理目標値は、22TBqでしたので、この管理目標を遵守すると単純計算で約60年、実際にはトリチウムの半減期が約12年ですので、2020年以降の増加量も勘案して環境放出には約25~30年かかることになります。ただし、地下水などの経路からのトリチウム放出の分を加えなければいけませんので、実際には30~40年かかることになります。
     国と東電は、7年間で海洋放出を完了するつもりですので、これもつじつまが合いません。
     また、トリチウム以外の全ベータ核種(全ベータ核種)の濃度を保守的に500Bq/Lと仮定すると、全ベータ核種の放射能量は、0.65TBqとなります。福島第一の事故前のトリチウム以外の液体廃棄物の放出管理目標値は、1年あたり0.22TBqでしたので、こちらは地下水経路も含めて10年程度で十分でしょう。
     結局、ALPS処理水を事故前の環境放出基準を遵守して海洋放出する場合、40年程度の期間を要し、結局今の小型タンクでは耐久性や管理の煩雑さから維持できなくなると考えられます。

  • 匿名 より:

    >発生時から既に38%くらい減衰している
    38%減衰したから大丈夫という科学的根拠がわからない。
    たとえば空気中の放射線量は、年間1mSv→20mSvまで悪化しているが、
    20倍が38%減少しても、まだ12倍以上悪化したままだが、それで大丈夫という根拠は?
    ちなみに20分の1まで減少するには何年かかるかも、EXCELで簡単に計算できると思うぞ。

  • 匿名 より:

    「福島の汚染水、大阪湾で放出?「協力余地ある」松井市長」
    汚染水利権?

  • 匿名 より:

    復興に水を差しているのは
    でがらし・お友達内閣ですが。

  • crew より:

    利権を守るため、復興は後回し。

  • 匿名 より:

    外国が捨ててるから別にええやん、とか子供脳ですよ。誰かが人をあやめたから、自分も別にええやんと同じレベル。

  • 匿名 より:

    日本に勝ち目はない筈だが、何故かアメリカに従順な日本は強気。
    誰が考えても、福島原発事故は世界初、世界最大の事故である。
    未だに被曝者手帳も発行していない日本政府。 広島、長崎の100倍以上の被曝線量らしいのに、政府は安心安全と避難生活者を責め、支援の打ち切りによって帰還政策推進。
    日本は誰かに乗っ取られているとしか思えない現実、、、日本人は騙されてる。

  • 匿名 より:

    >外国が捨ててるから別にええやん、とか子供脳ですよ…
    これ、実は大きな問題で、外国も別に規制値を守って捨てているわけじゃない。
    元は基準値を超えた汚染水を「水で何倍にも薄めて」捨ててるだけなんだよね。
    で、ちょっと考えれば子供にもわかると思うけど、いくら水で薄めようと
    そこに含まれる放射性物質の総量が減るわけじゃない。
    つまり、水で薄めようが薄めまいが、やってることは変わらず、
    海を汚染し続けているという話。
    で、いい年をした大人が何でそんなことをやってるかというと、
    「他にまともな方法がないから」という、とんでもない理由でした(笑)

  • 匿名 より:

    トリチウム水の危険性は、ベータ粒子の放出(放射線)では「ない」です。トリチウムはベータ崩壊して安定物質のヘリウムに変化します。トリチウム水は基本水と同様の構造を持っていますので、容易に体内に入りDNAの高分子構造の中にトリチウムが取り込まれ易いのです。つまりDNAの高分子構造を組成する水酸基が安定物質であるヘリウムになると分子結合が切れてしまいDNA異常を引き起こします。
     トリチウム水は安定物質のヘリウムになると言われると安全に思えるかもしれませんが、そのまま生体に取り込まれると遺伝子構造を破壊します。またストロンチウム-90は低線量放射性物質だと言われますが、少量でも(1分子たりとも)体内に入ることを許すと確実に周辺の細胞をガン化させるというリスクを負います。しかもストロンチウム-90は、セシウムのように通常の計測機器では捕捉できないのです。

  • 匿名 より:

    ネトウヨは汚染水飲んで応援

  • 匿名 より:

    書き忘れ
    トリチウム水の危険性は、放射線量の問題でなく、体内に取り込まれると、DNAなどの高分子と結合する際に、安定物質化して分子構造を壊してしまうリスクです(でした)。
    ストロンチウム-90はカルシウムに組成が酷似していますので、骨組織に取り込まれ結合すると、体外排出は極めて難しくなります。取り込まれたストロンチウム−90周辺の細胞が24時間、(低線量)被曝を受けるリスクです。しかも崩壊時のエネルギーが小さいので、装置レベルでは検知すらできません。確実に周辺の細胞は癌化せざるを得ません。
    これらのことを全て理解して、議論すべき。
    (原発云々以前に)放射線の暴露は生活レベルで誰もが受けています。外部被曝と内部被曝を区別せずに「安全の議論を楽しむ」のは極めて不誠実で不謹慎だと思う。
    しかも線量の計算のみを詳らかにするのは、議論の本質をズラしかねません。半減期の問題は統計学的な環境リスクの問題であり、個体の中での健康被害の議論で半減期の問題を持ち出すのは、極めて疑問が大きい。数字にのみ論点を当てるのは、やはり藁人形論法の典型と言わざるを得ません。
    放射線総量の統計的な振る舞い(環境全体へのリスク)と個体内部での変化(生物個体が直接受けるリスク)を同列に並べて、極論を提示するのはフェアな議論では全くありません。
    細胞分裂の瞬間に放射線を浴びれば、どの細胞でも壊れてしまいます(体を鍛えても意味がありません)。特に、感受性の高い幼少期や細胞分裂期が盛んな胎児に対する(内部)被曝と成長期を過ぎた大人や老人の被曝を区別せずに、単純に物性だけに焦点を当てて「安全」を判断する、その思考そのものが危険なのですよ(付会の説)。
    公開の掲示板だからこそ警告しますが、門外漢が安易に数字だけの議論を楽しむのは、危険です。自分のブログで楽しむのはやむを得ない(それも控えた方が良い)が、公共の場で議論するならば、責任をもった言葉(典拠となる研究や報告書を示す、実験データを示す)を書き留めるべきです。
    こと安全に関する議論は一局突破型の議論ではなく、考えられるすべての条件を念頭に議論するぐらいのリテラシーを持つように(安全とは、「全てに安らか」と解する)。
    これはアマチュアブロガへの(老婆心からの)警告です。

  • 匿名 より:

    そもそも、国際原子力機関IAEAからの警告すら無視し、津波対策どころか、原発の安全対策費と安全点検回数を大幅削減して福島第一原発事故を引き起こしたキチガイ原発テロ犯罪者安倍だぞ。原発の汚染水はコントロールされてるとか世界に対しても大嘘を平気で吐く原発テロ犯罪者安倍だぞ。こいつに何を言っても無駄。キチガイ原発テロ犯罪者安倍はご主人様東電の言いなりだからな、必ず民意など無視して原発の汚染水をすべて海に垂れ流す。この暴挙を止めるには国賊安倍自民党政権を叩き潰すしか道はない。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next