新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

重要政策が続々と決定?国家公務員給与6年連続増、社会保障費の削減、環境技術研究に官民投資30兆円など

*官邸今月に入ってから政府が重要な政策方針を続々と決定しています。
10月9日に安倍晋三首相は首相官邸で開かれた官民の国際会議に出席し、その中で「年内に『革新的環境イノベーション戦略』を策定し、この分野に官民で10年間に30兆円の投資を行う」と表明。

また、10月11日にも政府は給与関係閣僚会議と閣議で、2019年度の国家公務員の月給とボーナス(期末・勤勉手当)を増額するよう求めた人事院勧告の完全実施を決めました。
安倍政権になってから6年連続で公務員給与は増えていますが、消費増税後もその方針を続けるとしています。

さらには2020年度の予算案についても、政府は社会保障費の伸び(自然増)を例年並みに1300億円程度圧縮すると発表しました。夏の参議院選挙では「消費増税の財源を社会保障に使う」としていましたが、この約束を破る形で政府与党が社会保障費の抑制を決めたと言えるでしょう。
他にも国民年金の見直し案も検討されている状態で、いずれも国民生活を圧迫する政策ばかりです。

 

国家公務員給与、6年連続増=人事院勧告を完全実施-政府
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019101100420&g=pol

政府は11日の給与関係閣僚会議と閣議で、2019年度の国家公務員の月給とボーナス(期末・勤勉手当)を6年連続で増額するよう求めた人事院勧告の完全実施を決めた。給与法改正案を今国会に提出する。

環境技術研究に30兆円=安倍首相
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019100901038&g=eco

安倍晋三首相は9日、首相官邸で開かれた、地球温暖化対策の普及を目指す官民の国際会議に出席した。首相は「年内に『革新的環境イノベーション戦略』を策定し、この分野に官民で10年間に30兆円の投資を行う」と表明。来春、海外の研究者を集めた拠点を設けることも明らかにした。

政府、社会保障1300億円圧縮 薬価引き下げや介護負担増
https://this.kiji.is/555721962410050657

政府は2020年度予算で高齢化に伴う社会保障費の伸び(自然増)を例年並みに1300億円程度圧縮する検討に入った。自然増は5千数百億円になる見込みで、薬の公定価格(薬価)の引き下げなどにより4千億円台に抑える。複数の政府関係者が12日、明らかにした。厚生労働、財務両省が年末の予算編成に向け調整する。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!