新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

桜を見る会の内部文書、日テレが報道!安倍事務所を通じた申込みで家族や知人も可 後援会主催の夕食会とセット

*官邸
桜を見る会の内部文書が日本テレビによって報道されました。

報道された内部文書は安倍首相が主催している「桜を見る会」の案内状で、そこには「ご出席を希望される方は安倍事務所、または担当秘書までご連絡くださいますよう、よろしくお願い申し上げます」と書いてあります。
家族や知人、友人の申込みも可能だとした上で、後援会が主催している食事会もセットとなっていました。

桜を見る会はあくまでも各界で功績を上げた人たちとの交流するための場所であり、功績が全く無い人の参加は本来の想定とは異なるものです。食事会とセットになっていることで公職選挙法に触れる恐れもあると言え、引き続き野党は追求を強化するとしています。

 

首相主催「桜を見る会」 毎年前夜に後援会と懇親
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201911/CK2019111202000137.html

安倍晋三首相が第二次安倍政権発足後の二〇一三年以降、四月に東京・新宿御苑で開いてきた「桜を見る会」の前夜に、都内で後援会と懇親会を毎年開いていたことが分かった。桜を見る会当日も、首相は毎年、会場で後援会と記念撮影していた。野党は「公式行事の私物化だ」と批判した。参加した首相の地元関係者らには、当時の様子を伝えたブログの投稿削除が相次いだ。 (妹尾聡太)

本紙掲載の「首相の一日」によると、首相は今年四月十二日夜、都内ホテルの宴会場で開かれた「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」に出席。翌十三日午前は、桜を見る会の開始時刻前に会場で後援会関係者と写真撮影をした。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!