新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【賛否】都内最古の木造駅舎「JR原宿駅」の解体決定へ!東京オリンピック後に工事 保存を求める声も

*原宿駅
都内で最古の木造駅舎である「JR原宿駅」の解体工事が決まりました。

JR東日本によると、解体工事は来年の東京オリンピック後に予定され、再建される駅は耐火基準に適した材料を使って、外形は今の状態を維持するとのことです。JR原宿駅は1924年(大正13年)に建設された駅で、それから太平洋戦争を乗り越えて現代まで残り続けていました。
歴史的な価値があることから駅の保存や保管を求める声もありましたが、耐久性や耐火性の面で不安が残ることから、JRは建て替え工事を決断した形です。

都民の反応は解体工事に理解を示す声から、歴史的な建築物としての保管を求める声まで賛否両論でした。デザインは維持されるとしていますが、材質が全く変わってしまうことから、果たして歴史的な意味はあるのか悩ましい問題だと言えるでしょう。

 

都内最古の木造駅舎「JR原宿駅」来年の五輪・パラ後に解体へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191119/k10012182911000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

大正時代に作られ、都内で現存する木造の駅舎で最も古い「JR原宿駅」が、来年の東京オリンピック・パラリンピック後に解体されることになりました。JR東日本は解体後、耐火基準に適した材料を使って、今のデザインをできるかぎり再現した建物を造るということです。

原宿駅新駅舎・新ホームの供用開始のお知らせと年末年始の混雑緩和に向けたご協力のお願い
https://www.jreast.co.jp/press/2019/tokyo/20191119_to03.pdf


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!