新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中曽根康弘・元総理大臣が死去 101歳 憲法改正に影響も?原発推進や民営化路線で活躍 

戦後一番の長寿と言われていた101歳の中曽根康弘元総理大臣が亡くなったことが分かりました。

中曽根氏は昭和57年11月に第71代の内閣総理大臣に就任し、それから5年以上(1806日)も首相の座を維持。「戦後政治の総決算」を掲げて、「国鉄」や「電電公社」の民営化などの政策を行い、外交面でもアメリカのレーガン大統領(当時)と密接な関係を築き上げたことで有名です。

また、原子力基本法案を議員立法で成立させ、原発政策の旗振り役として活躍した人物でもあります。

総理大臣を辞めた後も熱心に政治活動を続け、平成15年の衆議院選挙の際、当時の小泉総理大臣が比例代表の73歳定年制の例外を認めず、中曽根氏が立候補を断念するまで国会議員を続けていました。
また、大勲位菊花大綬章を受章したほか、国会議員在職50年の表彰も受けています。

近年は憲法改正の実施を目指して、安倍政権とも交流を重ねていたと報道されており、中曽根氏の死去は政府与党の憲法改正にも大なり小なりの影響を与えそうです。

 

中曽根康弘元首相が死去
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20191129/1000040854.html

「戦後政治の総決算」を掲げ、国鉄の民営化や日米安全保障体制の強化などに取り組んだ、中曽根康弘元総理大臣が亡くなりました。

中曽根 康弘
https://ja.wikipedia.org/wiki/%

中曽根 康弘(なかそね やすひろ、1918年〈大正7年〉5月27日 – 2019年〈令和元年〉11月29日)は、日本の政治家。位階は従六位。勲等は大勲位。公益財団法人「世界平和研究所」会長、拓殖大学第12代総長・理事長、名誉総長、東アジア共同体評議会会長。新憲法制定議員同盟会長。
衆議院議員連続20回当選(1947年 – 2003年)、科学技術庁長官(第7・25代)、運輸大臣(第38代)、防衛庁長官(第25代)、通商産業大臣(第34・35代)、行政管理庁長官(第45代)、内閣総理大臣(第71・72・73代)、自由民主党総務会長、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第11代)などを歴任した[1]。対米関係上の愛称は「ヤス」。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!