新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ヘイトスピーチで保守速報の氏名公開、大阪市が全国初の対応!ヘイトスピーチ抑止条例


大阪市が全国で初めて、ヘイトスピーチ(増悪表現)抑止条例の対象者として、ヘイト行為を行った人物の名前を公開しました。

名前が公開されたのは政治団体「朝鮮人のいない日本を目指す会」の川東大了氏と、まとめサイト「保守速報」の運営者の栗田香氏です。保守速報はいわゆる2ちゃんねる系のまとめブログで、「駆逐排除するのが正しい」「朝鮮人撲滅」などと差別を助長するような不適切なコメントを掲載した点がヘイト行為だと認定されていました。

大阪のヘイトスピーチ抑止条例は2016年1月に成立した全国初のヘイトスピーチ禁止法で、市の関係者や有識者らの審査会を得て、ヘイトスピーチの判定作業が行われます。
昔に安倍晋三首相の公式フェイスブックが保守速報に「いいね」をして問題となったこともあり、保守速報の記事は今でも物議を醸すことが多いです。

一方で、ヘイトスピーチの定義に関しては賛否両論が聞こえ、現在も様々な意見が飛び交っています。今回の条例だと大阪市に住んでいないパターンで公開されたわけで、その辺の定義や法律の正当性を巡って意見が割れているところです。

 

大阪市ヘイトスピーチ
https://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000339042.html

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!