新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

フィリピンのタール火山、破局的な大噴火の恐れ!専門家が警鐘!湖の水が消える・・・ 約100万人が避難中


今月12日に大規模な噴火を観測したフィリピンのタール火山ですが、依然として危険な状態が続いています。

噴火したタール火山はフィリピンの首都・マニラ南方にあり、日本の桜島のように火山を覆うような形で湖がありました。しかしながら、噴火後に湖の水位が急激に減少し、現在では水が全く無い状態になっています。
大規模な噴火は1月12日の一回だけですが、それから地下の活動が活発化していると見られ、専門家からも「水蒸気噴火を引き超す可能性がある」と注意を促す声が相次いでいました。

1月22日時点でタール火山の周辺住民ら約100万人が避難している状態で、約15万人が避難所で生活を続けています。長引く避難生活に住民の不満も高まっており、勝手に危険エリアの住宅に戻る人も居ると報じられていました。
フィリピン当局はタール火山から半径14キロメートル圏内の避難勧告は維持するとしていますが、大量の火山灰による影響も合わさって、住民の不満を抑えるのが大変な状況となっています。

↓空から撮影したタール火山

 

Batangas evacuees who fled Taal eruption reach 1 million mark
https://www.philstar.com/headlines/2020/01/21/1986644/batangas-evacuees-who-fled-taal-eruption-reach-1-million-mark

Batangas — Batangas Gov. Hermilando Mandanas announced that the number of evacuees from the province displaced by Taal Volcano’s eruption reached the one million mark on Tuesday.

Around 800,000 residents are staying with their relatives while about 200,000 people are seeking refuge in evacuation centers in Batangas, Cavite, Laguna and Quezon, the governor said during a press briefing of the Batangas Provincial Disaster and Risk Reduction Management Council.

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!