新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中国の武漢市、毎日数百人死亡と専門家がネットに書き込み!「一日340人の遺体を焼却」との報道も

*CCTV
新型コロナウイルスの流行が悪化している中国湖北省の武漢市で、中国当局の発表以上に犠牲者が多発しているとの情報がありました。

これは匿名インターネット掲示板4chanに書き込まれた情報であり、情報が真実であることを証明するために、特殊な医療機関で「4chan 2020-2-8」と書いたメモ用紙を撮影した画像もセットで投稿。

この医療従事者は掲示板に「院内では毎日、200~400人が軍部により運び出され、新しい患者が直ちに入室する」と書き込み、新型コロナウイルスの犠牲者が非常に多いと明らかにしました。

また、中国のメディア「大紀元時報」は湖北省の火葬場がフル稼働状態になっているとして、毎日341体の遺体が火葬されていると報じています。武漢市の周囲では火災の発生を示す亜硫酸ガスの微量な増加が見られ、火葬の煙が原因ではないかと憶測が飛び交っていました。

いずれも情報の真偽は不明ですが、2月12日時点で当局から公表された死者の数は1115人であり、ネットの書き込みとはかなり数字に差がある印象です。

↓中国当局の発表情報

 

武漢の隔離施設「毎日、数百人死亡」技師が匿名サイトで書き込み
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51595.html

新型コロナウイルス感染者の対応のために、中国当局が湖北省武漢に建設した隔離施設、火神山病院に務めているという医療従事者は匿名サイトで、院内では毎日、200~400人が軍部により運び出され、新しい患者が直ちに入室すると書き込んだ。
中国国内メディアによると、火神山病院は、中国軍が管轄し、軍医が対応する。院内警備は兵士が行い、情報統制が強いことから「強制収容所」と例えられている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!