新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルス、東京だと外出時間は1日17分に!感染拡大を止められる値 「大規模自然災害と同じ」

新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるために外出時間を減らした場合、必要最小限となる時間を専門家が導き出しました。

ANNの記事によると、横浜市立大の佐藤彰洋教授が人々の行動と感染症拡大の関係を計算したところ、東京都内では新型コロナウイルスの感染を防ぐために、他者と接触する行動をこれまでの1.8%に減らす必要があるとのことです。

時間計算だと1日あたり17分となり、それ以上の外出は感染拡大が続いてしまう可能性が高いとしています。

計算を行った佐藤教授は「例えば台風、大雨、洪水でお店を開けようとは思わない。皆さん避難する。そういうふうに理解するのがいいのではないか」とインタビューでコメントし、感染拡大を防ぐために当面は家に待機したほうが良いと強調していました。

海外の調査だと、新型コロナウイルスは段ボールや布製品の上でも長時間生存することが分かっているため、それを考慮すると、更に感染リスクは跳ね上がることになります。新型コロナウイルスは長引くかもしれませんが、それでも外出は必要最小限に留めて、外出の時間を減らすように意識して、一人ひとりが行動する必要があると言えるでしょう。

 

New Coronavirus Stable for Hours on Surfaces
https://www.niaid.nih.gov/news-events/new-coronavirus-stable-hours-surfaces

The virus that causes coronavirus disease 2019 (COVID-19) is stable for several hours to days in aerosols and on surfaces, according to a new study from National Institutes of Health, CDC, UCLA and Princeton University scientists in The New England Journal of Medicine. The scientists found that severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) was detectable in aerosols for up to three hours, up to four hours on copper, up to 24 hours on cardboard and up to two to three days on plastic and stainless steel. The results provide key information about the stability of SARS-CoV-2, which causes COVID-19 disease, and suggests that people may acquire the virus through the air and after touching contaminated objects. The study information was widely shared during the past two weeks after the researchers placed the contents on a preprint server to quickly share their data with colleagues.

人との接触「1日で17分」まで…データ解析で警告
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200402-00000055-ann-soci

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!