新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本のエンゲル係数が急上昇、2020年に大幅変化!バブル崩壊後で最悪 36年前の水準に逆戻り


家計の消費支出に占める飲食費の割合を示す「エンゲル係数」が2020年に大幅悪化していることがわかりました。

総務省が発表している家計調査では2020年の勤労者世帯ベースで前年同期比でプラス2ポイントの26.0%を記録。2人以上の世帯だと27%を超える水準となり、これは1990年に起きたバブル崩壊後で過去最悪の数字です。
単純な数値比較だと36年前の水準に逆戻りしているほどで、日本人の経済的なゆとりが大きく消し飛んだことを意味しています。

あくまでも生活水準が下がったわけではないとする分析意見もありますが、ここまで急激に増加したのは過去50年間の中でも全く無く、それだけ新型コロナウイルスの影響と消費増税が日本経済を大きく冷え込ませたことは間違い無いです。
2021年はやや改善の兆しが見られるとしていますが、2020年にコロナで世界経済が大きく落ち込んだ反動だと思われ、まだ日本のエンゲル係数が落ち着いたと見るのは時期尚早だと言えます。

 

2020年に大幅上昇したエンゲル係数~主因は新型コロナに伴う移動・接触関連支出減。2021年はピークアウトの可能性~
https://www.dlri.co.jp/report/macro/154362.html

経済的なゆとりを示す「エンゲル係数」が急上昇している。特に2020年には総務省「家計調査」の勤労者世帯ベースで前年に比べて+2.1ポイント高い26.0%となった。この背景には、コロナショックに伴うサービス消費の落ち込みやエネルギー価格の下落があると推察される。
エンゲル係数は、家計の消費支出に占める食料費の割合であり、食料費は生活する上で最も必需な品目のため、一般に数値が下がると生活水準が上がり、逆に数値が上がると生活水準が下がる目安とされている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!