新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

濃厚接触者の待機期間を1週間前後に短縮検討へ オミクロン株の感染拡大で 「社会機能を維持するため」


*官邸
新型コロナウイルスの濃厚接触者について、政府が待機時間を今の10日間から1週間前後まで短縮する方向で検討していることが分かりました。

これはNHKが報道した情報で、新規感染者数の増大から政府は「社会機能を維持するため」として、オミクロン株対策として行っていた濃厚接触者の待機時間を見直すための議論を開始しています。
岸田文雄首相もテレビ番組のインタビューを通して、「できるだけ短縮する方向で努力をしてい」とコメントし、8~7日程度まで短縮することを視野に入れているとしていました。

ただ、新型コロナウイルスやオミクロン株の感染力が変化したわけではないため、待機時間を短縮しても感染拡大が止まらないどころか、さらに加速する可能性が高く、科学的な根拠を含めて短縮に意味があるのか物議を醸しているところです。

 

濃厚接触者の待機期間 “1週間前後に短縮を検討” 政府
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220128/k10013453631000.html

オミクロン株対策として濃厚接触者に求めている待機期間について、政府は社会機能を維持するため、今の10日間から短縮し、1週間前後にできないか検討していて、早ければ28日にも決定する方針です。
新型コロナの急速な感染拡大は依然として続き、27日の新たな感染者は全国で8万人近くにのぼり、3日連続で過去最多を更新しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!