新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本のウイルス検査数、先進国の中でワースト1位に!OECD諸国の中でも最下位水準 1000人中1.8件だけ

*SNS
日本のウイルス検査数が世界的に見て、非常に少ないことが物議を醸しています。

OECD(経済協力開発機構)で検査数を比較してみると、日本のウイルス検査実施数は1000人中1.8件だけで、検査を全くしていないメキシコとほぼ同じ水準です。日本の検査数は他の国々の1割で、日本と並んでいる最下位クラスのギリシャでも5.8人程度となっていました。

これは記録的な低い数値だと言え、OECDも「検査を拡大せよ」と注意喚起情報を出していますが、日本で改善される気配はないです。
4月30日に東京都の新たな感染者数が46人に減ったと発表されましたが、この数字も少ないウイルス検査が前提条件としてあることから、日本全体の感染者数を示しているものではないと受け取ったほうが良いと思われます。

 

Clarification on Diagnostic Testing Data in OECD Analysis on Testing for COVID-19: A way to lift confinement restrictions
http://www.oecd.org/newsroom/Clarification-on-Diagnostic-Testing-Data-in-OECD-Analysis-on-Testing-for-COVID-19-A-way-to-lift-confinement-restrictions.htm

28/04/2020 – On April 17th OECD released a policy brief by the Employment, Labour & Social Affairs Directorate on “Testing for COVID-19: A way to lift confinement restrictions”. The main message in this brief was and remains to strongly encourage countries to scale up their efforts on testing in the context of the current coronavirus crisis.

One of the charts contained in the brief related to diagnostic testing rates per 1,000 population. After assessing the various options for these data, the determination made was that the most reliable available data was to be found in Our World In Data (OWID). As such data becomes rapidly outdated given the current fast-moving context, and as additional data would become available, it was recognised that this chart would require regular updating and expansion. Consequently, a new revised version was prepared after a week had elapsed from the original issue, on April 24th.

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!