新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

横須賀基地でアメリカ軍関係者が感染 羽田空港でPCR検査を受けるも結果判明前に移動!市内の宿泊施設に滞在


*横須賀基地
神奈川県の横須賀基地でアメリカ軍関係者が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。

横須賀市によると、このアメリカ軍関係者は7月19日に羽田空港でPCR検査を受けるも、検査結果が判明する前にアメリカ軍専用車両を使って横須賀市に移動し、そのまま市内の民間宿泊施設を利用したとのことです。
PCR検査で陽性反応が確認された後は隔離措置となりましたが、結果判明前の段階で市内の各地を移動していたことから、感染を広げた恐れもあると見られています。

現在は横須賀基地内部で隔離措置の対象となり、感染拡大防止措置を行っているとしていました。

沖縄ではアメリカ軍の感染者情報が細かく開示されていますが、それ以外の都道府県だとアメリカ軍基地の感染情報はブラックボックス状態で、「他にも感染者が居るのではないか」と住民の疑念が高まっています。

 

在日米海軍における新型コロナウイルス感染症患者の発生について(2020年7月20日)
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0545/20200720.html

本日、外務省から在日米海軍関係者の新型コロナウイルス感染について、下記のとおり情報提供がありましたのでお知らせします。

横須賀海軍施設に所属する米海軍関係者1名が新型コロナウイルス感染症に感染したことが判明した。
この米軍関係者は、7月19日に羽田空港に到着後、検疫所のPCR検査を受けたが、検査結果が判明する前に米軍専用車両を利用して横須賀市に移動し、市内の民間宿泊施設に滞在していた。
その後、同日に陽性であることが判明したため、横須賀基地内において医学管理下での隔離の措置をとった。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!