新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

世田谷区がPCR全自動検査機の導入を検討へ 1日数千件規模を目標 児玉龍彦教授が提案の「世田谷モデル」


*世田谷
東京都の世田谷区が独自モデルとして、PCR検査の一斉実施を行うために、PCR全自動検査機の導入を検討していることが分かりました。

世田谷区の保坂展人区長によると、世田谷区では児玉龍彦・東京大学先端研名誉教授の提案を参考にして、大規模なPCR検査を一挙に実施する方向で調整を進めており、そのためにPCR全自動検査機の導入を医師会と検討しているとのことです。
今は1日数百件程度のPCR検査数を1000件以上に拡大する方針で、これが実現すれば都内で最大規模のPCR検査が実施することが出来るようになります。

保坂区長は「第二波を許した私達の社会は、『PCRf検査を急拡大する』ことを議論する余地はないと私は考えています。コロナ対策は『検査』を徹底し、『隔離・治療』を行うことで封じ込めていく以外にないのです」とコメントし、独自の世田谷モデルとして引き続きPCR検査の大幅な拡大を目指すとしていました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!