新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

山梨県・富士五湖で震度5弱、富士山の火口付近でも揺れ!震度3や震度4など地震連発 気象庁「富士山に目立った異常なし」 


12月3日早朝に山梨県東部の富士五湖で震度5弱の強い地震を観測しましたが、気象庁は「データには目立った異常がない」として簡単な注意喚起程度に留めています。

富士山観測データを見てみると、震度5弱の揺れは富士山の全域でもシッカリと観測されており、火口付近を含めて震度4前後の揺れとなっていました。
その後も余震とみられる小規模な地震は起きていますが、現時点で火山性地震の発生頻度は平時の範囲内で、火口内の異常を示すような変動は捉えられていません。

ただ、最近は首都圏の周囲で大きな地震の発生頻度が増えているように感じられ、これらの地殻変動が富士山や周囲の断層に何らかの影響を及ぼす可能性は否定できないです。
山梨県の周囲では震度3前後の地震も多く、引き続き周辺にお住まいの方は地殻変動に注意してください。

 

富士山観測データ
https://vivaweb2.bosai.go.jp/viva/v_datalist_fuji.html

富士山「データに目立った変化なし」 山梨県で震度5弱 気象庁
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211203/k10013372461000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

気象庁の束田進也地震津波監視課長は午前8時40分から記者会見を開き、「今回の地震は北西や南東の方向に押される逆断層と呼ばれるタイプで、フィリピン海プレートの沈み込みに伴うものと考えられる」と述べました。

震度5弱 御坊市役所 耐震基準満たさず 職員が建物外に避難
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211203/k10013372601000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

御坊市によりますと市役所の建物は安全性の確認が必要だとして、午前10時半現在、ほとんどの職員が建物の外に避難しているということです。
このため、防災担当の職員など10数人が建物内に残り、情報収集などにあたっているということです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!