新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

最低賃金に時給1500円以上、全労連の試算結果で議論に!高すぎる?安すぎる?「全国一律で時給1500円は必要」


*全労連
全国労働組合総連合(全労連)が生活に必要な最低賃金を発表したところ、その数字が物議を醸しています。

全労連は全国調査で生活の維持や社会保障費などの支払いに必要な金額を計算し、そこから逆算して最低賃金を全国一律で時給1500円以上に引き上げるべきだと結論付けました。
この全労連の試算結果が発表されると、ネット上の話題トレンドトップに浮上、時給1500円以上を巡って、「高すぎる」「安すぎる」「企業の負担が重い」「今の日本企業は耐えられない」などと様々な意見が飛び交っています。

時給1500円以上は欧米諸国だと当たり前の数字で、アメリカと比較しても少ないくらいの数字です。
それだけ日本の最低賃金が上がっていないことを意味していると言え、日本経済を活性化させるためにも最低賃金の引き上げは真剣に考える必要があります。

 

最低賃金「1500円以上に」 全労連が生活費から算出
https://news.livedoor.com/article/detail/20288502/

 25歳の若者が人間らしく暮らすためにいくら必要か――。
全国労働組合総連合(全労連)は31日、生活に必要な経費を調査し、それを賄える最低賃金(最賃)の試算を公表した。コロナで影響を受けた非正規社員らの多くが、ほぼ最賃で働いていることも念頭に、最賃は「全国一律で時給1500円が必要」と訴えた。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!