新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ワクチン接種の7月完了目標、100%以下でも接種完了扱いに!自治体は混乱 「68%であれば完了と見てよいのでは」


*官邸
菅義偉首相が7月末にワクチン接種の大半を完了させると表明しましたが、それについて100%以下での完了とする方向で動いている自治体が相次いでいることが分かりました。

読売新聞の記事によると、政府は7月完了を達成するための明確な目標値を定めておらず、自治体もそれによって「100%に達しなくても完了扱いで良い」と動いているとのことです。
中には今から8月のワクチン予約を呼び掛けている自治体もあるほどで、このような情報から不審に思った読売新聞の記者が調査したところ発覚。

68%程度のワクチン接種率でも完了と判断する自治体が出てきているほどで、国が統一的な基準を示さなかったことが混乱に拍車を掛けているとまとめられていました。

 

接種7月末完了と発表なのに「8月を勧められた」…100%でなくても「接種完了」とする自治体も
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210601-OYT1T50133/

 「地元自治体で『ワクチン接種は7月末完了』と発表しているのに、8月の接種日を勧められた」。新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種を巡り、こんな電話が読売新聞立川支局にかかってきた。「7月末完了」は菅首相肝いりの政府目標だが、事の真相を取材すると、そもそも「完了」とはどのような状態なのかの定義がないことが混乱を招いているようだ。(中川慎之介)

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!